GACKT、テレビ、映画、アニメ、コミックなどの情報及び感想を、日々徒然なるままに書いています。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年06月30日 (水) | 編集 |
小野不由美著「屍鬼」を読みました。

・・・重い!

何が重いって、そのまんま、物理的に本が重かった。(笑)


7/8(木)フジテレビ系で、「屍鬼」がいよいよスタートです!

GACKTの役どころは、桐敷正志郎ですが、

このキャラ、原作どおりだと、かなり出番が少ない!

しかも・・・中途半端。><;

アニメ化にあたり、少しは手直ししていただける事を、

切に願います。。。


キャラ的には、私は尾崎の若先生が好きです。

って、言うか、彼が一番力入れて書かれていたように思います。

この作品の主役(?)の若御院・静信も、

後半ちょっと疲れが出てきたような感じがするのは、私だけでしょうか?


ラストシーンは、はっきり言って、本をぶち投げたくなりました。(苦笑)

これ、絶対に、絶対に、絶対に、どこかで見た展開です!

若先生をあれだけ一生懸命書いたのなら

静信にも、もうひと工夫欲しかった・・・


ま、小説(原作)とアニメが常に同じとも限らないので
(同じ内容でも、視覚的、聴覚的に楽しめれば、アニメの場合OK!)←おい!

7/8の放送が楽しみですw


屍鬼の公式サイトはこちら

スポンサーサイト
テーマ:声優
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。