GACKT、テレビ、映画、アニメ、コミックなどの情報及び感想を、日々徒然なるままに書いています。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年11月13日 (土) | 編集 |
あずまきよひこの「よつばと!」

今、嵌りまくってます。

よつば、めっちゃ可愛い


「よつば」とは、「小岩井よつば」と言う5歳の女の子で

父ちゃんと、父ちゃんの友人(ジャンボとヤンダ)、隣の綾瀬家の3姉妹とその両親らとの

日々の暮らしを描いた、ほのぼの系コミックです。

作品全体のキャッチコピーは、「いつでも今日が、いちばん楽しい日」だそうですが

元気で明るいよつばから、私も元気を貰っています。


よつばの魅力は、時々大人びたことを言うところや、

いつも全力で向かって行くところ。

でも、そこはやっぱり5歳の女の子。

お祭でみんなとはぐれて、泣きながら大声で

「小岩井よつばです!小岩井よつばですっ!・・・小岩井よつばです!!」と

往来で叫んでいるシーンは、思い出すだけで胸が締め付けられ

駆け寄って抱きしめてあげたくなります。


でも、自分の名前(しかもフルネーム)を叫びながら泣いてる迷子って

実際には見たことないけど・・・


そしてもう一人、よつばのとーちゃんの子育ては

優しくて、大きくて、強くて、厳しくて、そしていい加減で

凄くイイ!

叱り方が、良いんですよねぇ。


私は今回、9巻まで一気読みしましたが、

友達曰く、コミックの発行頻度が、一年に一度だそうですが

せめて半年に1冊は出して欲しい!




「よつばと!」2011カレンダー




ぽちお願いします。
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。